2014年1月1日水曜日

テレビ、視てますか?

新年明けましておめでとうございます、って素直に言えない気持ちが、ここ数年つづいている。

そう、あの原発事故以来。

大みそかの昨夜、ボクシングの世界タイトル戦が3つあって、それを観たくて数時間テレビをつけっぱなしにしていた。

以前なら、テレビを2時間、3時間と連続で視ることはいくらでもあったけど、あの事故以来、録画した番組以外、行き当たりばったりでテレビを視ることがなくなった。

この傾向はぼくだけではなく、ぼくの周囲でも、またネットやツイートなんかでも、この種のことをよく耳に眼にする。

みんな、テレビって、視ていないんだ。

で、久しぶりにテレビをつけっぱなしにして、リモコンであっちこっちと切り替えるのだが、NHKの紅白から民放のバラエティまで、同じチャンネルを10秒も視つづけていられない。

すぐに他局へ切り替える。

音楽も好きだし、お笑いも嫌いじゃない。

だけど、10秒以上、聴くに堪える、視るに堪える音楽もお笑いもやっていない。

じゃあ、この日本に、聴くに視るに堪える音楽もお笑いもないかといえば、けっしてそうではない。

ただ、テレビがそういう音楽もお笑いも放送していないだけなのだ。

ところで、福島原発事故処理は収束どころか、ほとんど何一つとして解決されていない。

被曝による放射線障害の増加や漏れ続ける汚染水など、むしろその被害は拡大している。

そして大みそかのテレビでは、そんな危機的状況など何もないように、音楽が、お笑いが、垂れ流されている。

いまある危機的状況に煙幕を張るように。

まるでこんなネガティブな使命感で、テレビ局が存在しているように。

だから視るに堪えない番組しか作れないのかな。

ところで、ぼくが生きているあいだに、新年を迎えた日、こころから「おめでとう」って言える日が来るのだろうか……。

1 件のコメント:

PAPA ROCKY さんのコメント...

以前は朝付けたら寝るまで付いていたような気がします。
震災後は必要時以外はOFFです。
特に、HDDレコーダーを導入してからTVはニュース天気予報をリアルタイムで見るくらいです。